ちびごりら

生活の質の向上を目指すFTM。ツイッター→@potefarm

親友に女だとばれた話

私は高校卒業時まで普通の女子のフリをして生活してきました。そして大学入学をきっかけに自分の望む性の服を着て、新しくできた友達には徐々にカミングアウトしていこうと思っていました。いつも一緒に過ごす友人グループが10人弱いたのですが最初のうちは私のことを女だと知っているのは2人だけでした。この2人には自分から女だということを言っておきました。これからの学校生活で一緒にトイレに行く場面などで困るからです。
この2人は私のことを「男とつるむ変わった女」だと思っていたので、私を一目見て男だと勘違いしている友人に対して訂正してくれていたようです。入学してから2~3か月後にはグループ内のほとんどの友人が私が女だということを知っていました。

ただ一人を除いては……

私が女だということを知らない彼(Y)とはノリが合って、友人グループの中でも一番くらい仲が良かったです。いやむしろ、私のことを男だと思っていたからこそあそこまで仲良くなれたのかも知れません。不思議なことに、ほかの友人たちはYも私が女だということを知っているという認識だったようです。なのであまりに仲の良い私とYを見て「付き合ってるんじゃないか」という噂までしていたようです。

夏休みも明けた大学1年の9月ごろ、Yと二人でラーメンを食べていたら「女子だったの?」みたいなことを言われました。ドキドキして太ももの筋肉が震えていたのを覚えています。ついにバレたんだなと思いました。
いつ知ったのかを聞くと、一緒に所属しているサークルの合宿で先輩方に「彼は女なの?男なの?」と聞かれたからだそうです。合宿の名簿を大学に提出するにあたって参加者の名前と年齢と性別を把握しなければならなかったようで、私はそれに「女性」と回答していました。まだ戸籍が女性なので一応そこは揃えておこうかなと思ってそうしました。悩みましたけど。管理していた先輩方は私が女には見えなかったようで、ざわざわしてたみたいです。
Yにはそのラーメン屋ですぐにカミングアウトしました。なので私が家族の次にカミングアウトした人はYです。いまも変わらず仲良くしてくれています。「俺を半年もだましやがって」みたいなこともちょくちょく言われますが。